マイオピニオン, 徒然なるままに

私たち消費者が、賢くならねば。

アパレル業界の今後について、ずっと考えている

コロナ コロナ コロナ。毎日コロナ。

 

SNS上は関連情報で溢れている。

 

これほどまでに、世界中の人達を同時に苦しめたものがあるだろうか。

 

そして、人々の移動の自由が妨げられることで、ここまで世界は変わってしまうのか。

 

色んな関連情報が飛び交う中で、1番、自分ごととして捉えることができるのは、なんだかんだで「アパレル業界」について。

 

直接的に関わっている人間として知っておくべきだと思うし。

 

目を背けてはいけない。

 

ここ数日考えていることを、ちょっとまとめてみた。

 

*自分自身への備忘録感がありますこと、予めご了承ください笑


結論: 今後は、全く違う世界観が待ってる

私たち消費者は、きっと気付いてしまったんだと思う。

 

「服、そんなに沢山いらない。」

 

ってこと。

 

今までの様に、大量に買って大量に着まわして…ってする必要がないってこと。

 

今後は、手持ちの、選りすぐりの数枚を着回す生活になると思う。

 

それで十分。

 

トレンドってシーズン毎にある。けど、別にそれって乗らなきゃいけない波じゃない。

 

リモートワークになって、外出自粛で家に籠る日が続いてる。けど、別にそれって服を買い足さなきゃいけない訳じゃない。

 

というかむしろ、衝動買いや無駄な出費がなくなってラッキー。

 

あれ、今まで何で服を買い続けていたんだっけ。

 

ちょっとここで、洋服ヲタクの話をしたい。

 

私はずっとアパレル業界にいるので、周りには洋服ヲタクがいっぱい。

 

トレンドという波に能動的に乗りに行く人もいれば、揺るぎない独自の世界観を持っていてそこから離れようとしない人もいる。

 

ヲタクの中でも多様性がある。それは、アパレル業界の特徴の一つと思っている。

 

でも彼ら彼女らは、1枚1枚へのこだわりがすごいので、そんなに大量に買い続ける訳じゃない。

 

本当に良いと思って欲しくなったものしか買わない。買ったとしても、二次流通への流し方を知っている。

 

*聴いてもないのにその服の良さを語り始めた時には、私は半分以上(8割以上かも)聴いてないけど。

 

洋服の本当の選び方って、ヲタク達の方が詳しいと思うんだけど、彼らの動きを見ていると、学ぶべきことが多い、気がする。

 

話を戻して。

 

多くの消費者が「服、そんなに沢山いらない」って気づいてしまった以上、そんな大量に生産する必要性がなくなる。

 

と、思う。

 

多くを生産する必要がなくなる。

 

特にここ数年で言われているような環境への配慮等を考えたら、良いこと。

 

でも一方で、それによって困る人達もいるってこと、忘れちゃいけない。


ファストファッションはどうなる?

世界を席巻していたファストファッション。

 

なくなることは、ない。

 

でも、かなり規模が縮小すると思う。

 

いままでファストファッションブランドとして営業していたブランドがコンセプトを変えて生まれ変わる的なことは起こると思うけど、これだけ多くのブランドがある中でさらに差別化を計るのは少し難しい。

 

そして何より、きっと、消費者が選ばなくなる

 

ファストファッションへの需要が縮小していくことで、最近よく言われている環境への負荷も比例的に縮小して行く。

 

それ自体はすごく良いこと。

 

でも待って。

 

困る人達がいる。

 

それは、今までファストファッションブランドからオーダーを受注していた生産者達

 

往々にして、その生産者達は、アジア後進国や東欧、アフリカなどにいる。

 

世界を大枠で捉えたら、“弱者”とされる人達である。


生産側の現状、バングラデシュ🇧🇩を例に…

“弱者”とされる人達が今後直面するであろう現実は、本当に厳しいものがある。

 

特に顕著なのが、アパレル生産世界2位を誇る、バングラデシュ。

 

バングラデシュが絶賛いま直面している現状をお伝えさせてください。

 

まず。

 

バングラデシュにとって、アパレル生産業は、絶対になくてはならない存在。

 

だって、国を支えているといっても、過言ではないから。

 

まず、従事している人数について。総人口約1億6千万人のうち、約半数の人達が何かしらのかたちで関わっていると言われている。

 

そして、輸出額について。国全体の約8割以上を、衣類・縫製品が占めている。

 

輸入額についても、国全体の約8割以上。

 

この産業がないと、国の大半のお金は動かないってこと。

 

縫製工場の数は、国全体で6,000工場あると言われている。

 

とにかく、国内最大の超巨大産業なのです。

 

そんなアパレル生産業が、もしこのまま打撃を受けたら、この国はどうなってしまうのか…

 

 

このままの状態で事態が進行してしまったら…

 

確実にこの国の産業が終わり、人々は職を失い路頭に迷い、犯罪が増え…という地獄絵図が待っている。

 

ここでは、あくまでバングラデシュの現状を共有させて頂いたが、

 

他のアパレル生産国(カンボジアやミャンマーなど)でも、同じような状況に今後なってしまうことが予想できる。

 

非常に非常に恐ろしい。

 

だけど、近しい未来に現実となってしまうかも知れない。


生産国側が変わるべきかも知れない

今回のコロナ禍ではっきりしたことは、

 

「1番立場の弱い人達から被害を受ける」

 

ということ。

 

アパレル業界の“弱者”は、生産者。

 

立場が非常に弱い。

 

オーダー側も、その立場の優位性を利用して、”弱者”に対して無理難題を押し付けてきた、という経緯がある。

 

一方で、“弱者”である生産側は、オーダー側に頼り切ってしまっていたということも、事実

 

“強者”と”弱者”という構造が今の現状をつくってしまっている。

 

その現状を打破するには、”弱者”である生産国側から能動的にアクションする必要がある。

 

能動的なアクションとは、例えば無理なオーダーや安すぎる工賃を断る、など。言いなりになるのではなく、生産側が選択肢をもったっていい。

 

オーダー側と生産側。

 

どちらかに立場の優位性をもたせるのではなく、対等な立場で、Win-Winな関係性で。

 

関わる全ての人が幸せでなければ、存在価値がない、と言いたい。


私たち消費者が、賢くならなきゃいけない

トレンドだから買う。安いから買う。1回着たら終わり。

 

何で、こんな消費スタイルになってしまったんですか?

 

ここまで読んでくださってる方は、きっと今の状況に危機感をもって下さってる方だと思うので。

 

信じられないと思うけど、ちょっと衝撃的な数字をお伝えします。

 

去年のこと。

 

日本国内、洋服の供給量は約28億点だったのに対し、消費量は約14億点だけ。

 

残りは、焼却処分。

 

また、アパレル生産業は、世界の温室効果ガス排出量の10%を占める。

 

そして、世界の排水も、20%を占める。

 

焼却処分されるアパレル製品だって、ほとんどは再利用できる。

 

けど、無駄に多く作られて、無駄に焼かれる。

 

ねえ。

 

無駄に作られたアパレル製品、どうやって作られたか知ってます?

 

“弱者”が、1枚1枚、作りました。

 

どうか、洋服に関わる全ての人に、この現実を知ってほしい。

 

まず、生産者。

能動的なアクションを行なって、受注すべきオーダーとそうでないオーダーを見極められるような知見、を高める。優位性を持って無理難題を押し付けて来るようなオーダーがある場合は、それを周知することが出来るような体制を作り出す。透明性。

 

そして、サプライチェーンに関わる全ての方。

生産者を筆頭に、本当の意味での「サステナブル」で「エシカル」なオーダーのみを受注する、という気概と勇気。今後これが必要になってくる。

 

企画段階から全てを見直す。

 

本当に必要とされているオーダーなのか、サステナブルでエシカルで、誰も悲しい思いをしないか。徹底的に見直す必要があると思います。

 

最後に、私たち消費者。

能動的に情報を取りに行く、ということ。

正しい生産背景で生産されたのか。能動的に情報を取りに行ったとして、もしその情報に透明性がないってことは、正しくない生産背景で生産されたってことと同義。

 

私たち消費者が、1番強い。

 

正しいものを選ぶということを通して、”弱者”を救うことができる。

 

洋服は、関わる全ての人が幸せでなければいけない。


With コロナ

物に溢れている時代。

 

人が自由に行き来できる時代。

 

当たり前だった日常が、突如として、非日常になった。

 

今までも、こういった急な変化ってあったのかも知れない。

 

でも。1人の大人として体感してるのは初めてだし、

 

世界中の全ての人に同時に影響を与えたことって、ここ最近はないんじゃないかな。と。

 

最近の友人との会話で「落ち着いたら」とか、「コロナが終息したら」とか、枕詞のように頻繁に遣うけど。

 

実際問題、いつ落ち着くかも、いつ終息するのかも、分からない。

 

誰も、分からない。

 

だったらもうここは発想の転換で、

 

「After コロナ」の世界を夢見て行動するんじゃなくて、

 

「With コロナ」の世界で生きていく。

 

コロナを一つの時代として捉える。

 

(というのは西野亮廣さんの言葉で、良いなと思ったから勝手に引用してます)

 

自粛疲れとか、ロックダウンしんどいとか、そんなこと言ってる場合じゃないなと。

 

コロナで亡くなってしまった方達や、いま苦しまれている方達、医療の最前線で闘っている方達をはじめ各業界や各社を牽引する経営者の方達。そして、バングラデシュで仕事がなくなり路頭に迷っている物乞い達。

 

わたしたち全員の生活を変えたコロナ、本当に憎い。

 

でも、もう既に起こってしまっていることに対して愁いたって、仕方ない。

 

この時代を、コロナと一緒にどう生きるか。

 

マインドを切り替えていくべきなんだなと、色んなものを読んだり見たりする中で、強く感じた。

 

摂取する情報も、自分で選ばなきゃいけないね。

 

ともあれ。

 

賢い選択をして、力強く、生きていきましょう。

“私たち消費者が、賢くならねば。” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中