マイオピニオン, 徒然なるままに

現場からは以上です

暫定2020年流行語大賞

発表するまえに、経緯をご説明させて頂きたく。

 

やはり、バングラデシュのような後発国で仕事をしていると、上手くいかないことが沢山ある。いやむしろ、上手くいかないことしかない。

 

ワタシは繊維業界にいる。この業界は、国を牽引していると言える。総人口1億6千万人以上と言われるなかで、過半数以上の人が何かしらのカタチで繊維業界と関わっているんじゃないかといっても過言ではないほど。

 

多くのバングラデシュ人が関わっている。

 

その分、この業界への参入障壁、低め。

 

言葉が話せなくても、体力がなくても。正直、学力がなくたって、全く問題ない。それゆえ、あまり自分の業界を悪く言いたくはないが、頭のよろしくない子も多い(ように感じる)。

 

人件費の安さと若い労働力に惹かれて、日本や欧米のバイヤーさん達が膨大な量のオーダーを入れて下さる。

 

でも待って。人件費が安いことにも、若い労働力が集まることにも、ちゃんと理由があるから。

 

 

それを度外視して、工賃下げてとか検品代下げてとか、え。「ちゃんと出来るじゃないですか〜。」って言われたけど、え、ローカル管理者だけで出来たと思ってるの、え。

 

いやいや、なかなか難しいのよ。

 

っていうようなことをグチグチと、同じ業界の大先輩と話していました。そんな中で彼が言ったこの一言。無理難題を押し付けてくるバイヤーさん達に対して。

 

 

それでは聴いてください、2020年の暫定流行語大賞は、こちら

 

 

「OKY」

 

 

(=「O お前が、K 来て、Y やってみろ」)

 

笑ってください。現場からは、以上です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中