社会人, 国際協力, 徒然なるままに, 海外就職

20代最後、いろいろ振り返ってみた件 ①/3

女って、こういう生き物なのかも。

イスラム教の国ってこともあるかも知れない。

 

この国。バングラデシュ🇧🇩に来てから「あー。私って、女なんだ。」って思うことが多くなった。

 

良くも、悪くも。

 

自分への備忘録的、というか。これからムスリム圏に行かれる予定の方いたらアタマの片隅にどうぞ的、というか。

 

そんな感じで、20代最後、カウントダウンしながら、徒然します。

 

 

生きてるとさ、一生懸命に生きてるとさ、上手く行かないことって沢山ある。

 

最近の私は、特に、バングラ🇧🇩にやられまくってる感ある。

 

言葉はもちろん、文化、考え方、価値観、思考回路、すべてが違う人たちと一緒にいるから。いつもは「おーなるほど、これがバングラ🇧🇩か。ふむふむ。」なんて感じて、楽観的に捉えられるけど、仕事の場面、とくにお金とか納期とかが絡んでくると、「ふむふむ。」とは、いかない。

 

うちのスタッフは、9割以上が男性。

 

この間は、もう、どーにもこーにも、カッチーンときてしまったことがありまして。屈強なムスリム男性約50名に対して、わたしヒトリで怒鳴り散らかしてしまった。

 

血眼になって、青筋たてて。全身が怒りで震えた。怒鳴りすぎて、貧血おこした。

 

それでも。そこまでしても、やっぱり伝わらなかった。通訳してもらったけど、伝わらない。どうやっても伝わらないときって、言葉の問題じゃない「ナニカ」があるの。

 

価値観とか。考え方とか。色々あると思うよ。5年間のアジア生活で、なんとなくだけど、その「ナニカ」の概要は、掴め始めてきた気がする。

 

「ナニカ」は、結構色んな種類があるっていうのも、分かってきた。

 

でもね。バングラ🇧🇩の場合は、今までとは違う「ナニカ」もある。

 

 

それは多分。私が「女」だからだと思う。

 

 

ちょっとだけ、負のオーラを放つかもしれないけど、本当のことを話した方が良いと思うので。

 

ムスリム世界では多分、ちょっと、女子が、弱い。

 

勿論、良いこともあるよ。すごい自然にレディーファーストをしてくれるので、良い気分になること沢山あるし笑、その度に「おいニッポン🇯🇵男児よ、彼らを見習いたまえー!!」と言いたくなる。

 

でもね、「え…ちょっとまって…すごい真剣にハナシしてるのに、全然聴いてくれてないじゃん…」ってなることが、すごく多い。おい、お前の目線どこ向いてんだよってなることもある。

 

彼らはね、全くわるぎがないの。だって、そういうカルチャーだから。ゆえ、彼らのカルチャーを受け入れることが出来てない私は、器のサイズ感が崩壊しているのかもしれない。

 

でもさ。でもさ。「え…ちょっとまって…」ってなるときは、すごくつらたんなのだ。それだけは言わせてくれ。性別とか、年齢とか、関係なく。対等に立ち向かわせてくれ。

 

 

そんな時は、どうするかっていうとね。

 

女友達と飲みに行きたいけど、バーはもちろんお酒ダメなので。焼肉行きたいけど、豚肉ダメなので。カラオケ行きたいけど、そんなステキな娯楽施設はナイので。

 

家で、自分の時間を楽しむ。

 

お気に入りのボディーソープを使い、鼻歌(というかもはや熱唱)歌いながら、シャワー。

 

ボディークリームで、ゆっくりマッサージしてあげる(いつもやれば良いのに、めんどいからパスしてるの内緒)。

 

お気に入りの下着をつけて、お気に入りのワンピースを着て。いつもはつけない真っ赤なルージュ、香水も多めに。

 

鏡の前でサクッとポーズをとって、そして、ちょっと遠出する。

 

別に、見せる人もいない。

 

けど、それだけで、3/10くらいはテンションあがる。気がする。

 

「よし。もうちょっと頑張ってみようかな。」って、思える。気がする。

 

女って、こういう生き物なのかも。

 

知らんけど。

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中