西アジア, Travel, 人生のセンタク

バングラデシュ🇧🇩 ~しちゃいました編~ “市民の足(リキシャー/CNG)で移動!”

バングラデシュ🇧🇩は、とんでもない国でした。

【編】でまとめています!ご覧ください!

【~メイン目的編~】
“Rana Plaza跡に行く”
“Grameen Uniqloに行く”
“ベンガル人の生活を見に行く”

【~特別見学編~】
“現地の学校”
“現地の病院”

【~行ってみました編~】
“ダッカ国際空港”
“旧市街 (Old Dhaka)”
“ダッカ駅”
“バザール (市場)”

【~しちゃいました編~】
“バングラでマッサージしちゃいました!”
“Jamuna Future Park (ショッピングモール)で、お買い物しちゃいました!”
“市民の足、リキシャー/CNGで、移動しちゃいました!”


~しちゃいました編~ “市民の足(リキシャー/CNG)で移動!”

UberやGrabが移動手段の主流となってきている昨今…せっかくバングラ🇧🇩行くなら試してみたいのが、リキシャーCNG

 

ちなみに。バングラは、2018年5月現在、Uberが主流です。

※Uberに関する話題は、こちら

 

“Uber、東南アジアから撤退へ…Grabに”

 

“A new future for Uber and Grab in Southeast Asia”

今後どうなるかっていうのは、アジア在住者としては割とホットな話題ですね🙄


リキシャー

…力車?

 

どうやら、語源は”人力車”らしいです(!?)。

 

こちらがその、リキシャー。

 

私たちが知っている日本の🇯🇵人力車は、人が引っ張って走ってくれますね。

 

一方、バングラ 🇧🇩のリキシャーは、自転車で引っ張ります。お兄ちゃん、おじちゃんが、一生懸命に自転車漕いでくれます。

 

小回りもききますし、小道もなんのその。

 

ちょっとした距離だったら、大体20~50タカ(70円くらい)くらいです。

 

(凄い勢いでボッてきますが笑、そこは心折れずに立ち向かいましょう!)

 

勢いの良いお兄ちゃんにあたると、それはもう転げ落ちそうになるくらいの激しい運転になりますが、それはそれでオモシロイ!笑

 

そして、“イスラム圏=オシャレ”の持論があるのですが、リキリャーも例外ではなく、オシャレ!!😍

 

“ダッカ リキシャーコレクション 2018” を、開催したい。


CNG

CNGとは、“Compressed Natural Gass”の略だそう。要は、“天然ガス”で走りますよ、ということです。

 

こちらが、CNG。

 

リキシャーに比べて、ちょっと遠い距離の移動をするときに使います。100~300タカ(400円くらい)といったところでしょうか。

 

セキュリティーが結構しっかりしてます。中の様子はこんな感じ。

左も↑

右も↑

 

しっかりと施錠できるようになってます(逆に考えれば、それだけ気をつけてねってこと、なのかも知れません)。


自分の身は、自分で守りましょ!

リキリャーやCNG、私たち観光客にとってはめずらしいものなので、移動中にスマホで写真を撮ったりビデオで動画を撮影したりしたいですよね。

 

無防備

 

無防備なのが、一番危ない。本当に危ないです。「どうぞ狙って下さい」と言っているようなもの。

 

基本的にバングラ 🇧🇩は危なくないですが、自ら危険な状況をつくってしまったら話は変わってきます。

 

旅行中は特にテンションもぶち上がりますし、記念撮影もしたくなるもの。

 

でも、過去現在いろんな人から危険な目にあった話を聞きますが、一番多いのは移動中の被害です(ちょっと目を話した隙にバッグを盗られた、スマホに夢中になっていたらバッグをむしり取られた、背後からスマホを掴まれそのまま逃げさられた…などなど)。

 

本当に、気をつけて下さい。“絶対に大丈夫”という状況を自分でつくりあげて下さいね。


追記: 顧客取り合戦!!

CNG?…っというか、パスアプ(Pass App)?

 

ね。私も思いました。(※プノ在住者あるある)

 

パスアプとは、最近プノンペン(ボジア🇰🇭の首都)に進出してきたコレのこと。

 

UberやGrabと同じで、アプリを使って車両を呼べる便利なものです。

(私は、プノではほとんどパスアプ使ってます。相当便利だし、なんせコスパの良さたるや。)

 

ほぼ毎日と言って良いほどパスアプを使っているので、CNGにはかなり親近感を覚えました!😍

 

便利な世の中になったものです。しかしその一方で…相当な顧客取り合戦だと思いませんか。

 

バングラ 🇧🇩では、リキシャーとCNG、そしてUberの棲み分けが出来ているように思いました。

 

一方で、プノンペン(ボジア🇰🇭)では、完全に“市民の足”の流れが変わって来ています。今までは、Tuk Tukが主流でしたが、今はもう完全に下火になっていて、パスアプやUber/Grabが元祖を抜いています。

 

アプリを開いて数回タップすれば、家の前まで来てくれる。しかも、安いし、メーター制なのでボラれない、パスアプ

 

その一方で。

 

家の外まで出て、偶然通りかかるのを待つ。かつ、値段交渉は必須だし、ボラれることもある、Tuk Tuk

 

どう考えたって、コスパを選びますよね。前者です。

 

(現在のTuk Tukの様子は、ほとんど観光客向けに移り変わって来ているように感じます…)

 

盛者必衰というか…世の常というか…なんだか寂しい気もしますが、消費者は正直ですねえ😔

 

“バングラデシュ🇧🇩 ~しちゃいました編~ “市民の足(リキシャー/CNG)で移動!”” への 7 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中