西アジア, Travel, 人生のセンタク

バングラデシュ🇧🇩 ~行ってみました編~ “ダッカ国際空港”

バングラデシュ🇧🇩は、とんでもない国でした。

【編】でまとめています!ご覧ください!

【~メイン目的編~】
“Rana Plaza跡に行く”
“Grameen Uniqloに行く”
“ベンガル人の生活を見に行く”

【~特別見学編~】
“現地の学校”
“現地の病院”

【~行ってみました編~】
“ダッカ国際空港”
“旧市街 (Old Dhaka)”
“ダッカ駅”
“バザール (市場)”

【~しちゃいました編~】
“バングラでマッサージしちゃいました!”
“Jamuna Future Park (ショッピングモール)で、お買い物しちゃいました!”
“市民の足、リキシャー/CNGで、移動しちゃいました!”


~行ってみました編~ “ダッカ国際空港”

バングラ🇧🇩、空の玄関口。

 

首都ダッカにある、シャージラル国際空港✈︎✈︎✈︎を、利用しました!!

 

 

︎(Shahjalal International Airport,  শাহজালাল আন্তর্জাতিক বিমানবন্দর ↑)

(↑ベンガル語。文字がお洒落。もちろん読めませんけど。)


【保存版!】バングラ🇧🇩入国。VISAって必要??

海外に行く際、必ず押さえておきたい情報として、“VISA”関連が挙げられると思います。

 

バングラ🇧🇩の場合。

 

結論から言いますと、日本のパスポートを持っていれば、“VISA不要”、かつ、“無料”です!!

 

ただ!!イミグレーションを通る際に、必要な情報があります。

【必ず必要な情報】

 

  • 帰りの航空券 (予約画面等でOK)
  • 滞在先の住所 (番地までしっかり)
  • 滞在先の電話番号

=> 滞在先を決めていない場合は、何処かのホテル名を記入するのでOKかと。

 

【もしかしたら聞かれるかも】

 

  • 友人の名前 (在バングラの人)
  • 友人の電話番号 (何かあった際の連絡先)

=> 確認されることはないですが、誰かしらの名前を記入することが好ましいかと。

 

※VISA関連の情報は、急にアップデートされることも多いので注意が必要です。2018年5月現在は、この通りで問題なく入国できました。

 

改めて、体感しました。“日本のパスポート最強説”。VISA不要、かつ、無料なんて、キセキです。

 

ありがとう。ドンノバット(ধন্যবাদ.)。


意外と普通な、バングラ🇧🇩の国際空港。

(なんて失礼なタイトルなんだ。)

 

最初に謝っておきます。ごめんなさい。

 

正直、バングラ🇧🇩の空港、全く期待してませんでした!!笑

 

イメージとしては、ちょっと前のボジア🇰🇭の空港のような感じ。小屋、みたいな。良く言って、小学校の体育館、みたいな。そんな感じかなと。無事到着すればそれで大満足、と。

 

(↑イメージ図)

 

それくらいの感覚で構えていたので…着いた時は感動しました!!

 

「普通ーーー!!!」

お出迎えの人たちが待っていて…↑

到着ゲートも、普通ーーー!!

(これは友人が撮った”昼間”の空港の様子ですが、)…普通ーーー!!↑

 

外観も、コチラの通り。普通ーーー!!

普通!! (いよいよ怒られるぞ。)

 

両替所もあるし、タクシーやホテルの手配も出来るし、Sim Cardも買えるし。問題なし。

 

ダッカ市内からも、そんなに遠く離れていないです(少なくとも東京から成田程の距離はない)。渋滞等はあるものの利用しやすい立地です。

 

皆様。安心してご利用下さい。


ちなみに。バングラ🇧🇩って、どれくらい空港あるの??

あまりの普通さ(怒られるぞ)に、驚きましたよねえ。

 

そこで。バングラ国内で、どれくらいの空港があるのか気になったので、ちょっと調べてみました。

インド🇮🇳の東側にあるのが、バングラ🇧🇩。↑

インド🇮🇳と、ミャンマー🇲🇲に、挟まれています。↑

 

南側は海に面しているので、日本🇯🇵の様に島国ではないですね!🌏

 

島国ではないし…そんなに空港の数も多くないのかな…と思いきや。

 

「結構あるーーー!!!」

 

いやちょっと待てよ。下に注意書きがある。

 

緑…国際空港 (3箇所)

黄…国内線の空港 (5箇所)

青…特別な使用許可が必要な空港 (3箇所)

赤…利用不可能な空港 (3箇所)

紫…使用不可な空港 (1箇所)

=>なるほどー!了解でーす!!

 

皆様。使用可能な空港を、ご利用下さい。


空港✈︎といったら、アレ!!

やっぱり気になります。アレ。

 

免税店💰💰💰

 

バングラ🇧🇩の空港は…免税店あるのかな…あったら良いな…

 

(帰路。淡すぎてほぼ透明の期待を胸に、両替分の残りを握りしめて、いざ。すると…)

 

「免税店があるーーー!!!」

確かに規模は小さめだけど、”Duty Free”としっかり書いてある。

バングラ🇧🇩のお土産やさんや、コスメのお店、お酒のお店など、多岐に渡っていました!!

 

皆様。楽しい買い物のお時間を、お過ごし下さい。


バングラ🇧🇩いざ行かん。さて、How much…??

航空券、どこで買います?

 

安く手に入れるなら、言わずもがな、webで買いましょ。

 

そしてさらに、webの中でもオススメをご紹介。

 

※旅好きなら皆んなが知っている。このサイトを使いました。

“Sky Scanner”

https://www.skyscanner.jp/


【ボジア🇰🇭在住、私の場合。】

PNH(カンボジア首都、プノンペン)から、DAC(バングラ首都、ダッカ)まで。

 

なななんと。往復で約250ドル!!🇰🇭🇧🇩

 

直行便はないので、KUL(マレーシア首都、クアラルンプール)で乗り換えました。

PNH🇰🇭<=>KUL🇲🇾<=>DAC🇧🇩

今回はLCC (by Air Asia)を利用しましたが、比較的乗り継ぎの時間も良く、往路は6時間、復路は10時間で行けましたよ!!


【日本🇯🇵から、バングラ🇧🇩へ行く場合。】

最適コースのご案内!日付は適当に入れました!

※安心と信頼のTG(タイ航空)で調べてみました!

成田(NRT) 利用の場合

羽田(HND)利用の場合

 

関空(KIX)利用の場合

 

と。BKK(タイ首都、バンコク)乗り換えですね!

 

そして、気になるお値段も、往復でUSD600-800です。

 

※時期や滞在日数で変動しますが、大体このくらいです!

 

※LCCを使えばもっとコストを抑えることが出来ます!もし渡航をお考えの方は、お気軽にお問い合わせ下さい🤗!!安くチケット購入するコツ、お伝えしますー!!✌✌


追記: 渡航前。一番欲しいのは”安心”。

今まで沢山の国と地域に行って来ました。発展途上と言われるところが好きなので、先進国は日本しか経験していません(!)。そんな訳で、多くの危険な地域にも足を踏み入れて来たのですが…

 

バングラ🇧🇩は、基本的に、危険ではないです。情報ばかりが一人歩きしている感じがあります。(私も、バングラ🇧🇩渡航前は、かなり多くの人に脅されましたよ…なんでわざわざ?とか。無事に帰って来れるの?とか。)

 

危険な目に遭うということは、必ず原因があります。それは日本だって同じ。その原因を自ら作る様なことをしなければ、基本的に安心できます。極論。人間が生活しているんですから。大丈夫です。

 

ただ。時には、人間が不可抗力の立場になることがあります。また、どうしても防ぐことの出来ない場面に遭遇すること(人種や宗教が壁となり)だってあります。その際は、最優先で自分の身を守る。そのことに徹して下さい。

 

(どうしようもなく被害を被ることを選んだ時もあるし、思い出したくもない辛い思いをしたこともある。もう海外なんて…て思うようなことも経験してるけど、それでも私は海外で生きる道を選んでいる。全ては、命が繋がっているからです。感謝。))

 

自分の身は、自分で守る(当たり前だけど、旅の時は特に、テンションも上がっているし、忘れがち)。大切なことです


旅をすると言っても人によってスタイルは様々かと思いますが…私がフォローするスタイルは、尊敬して止まない旅人、“沢木 耕太郎”の、この一言。

 

「恐れずに。しかし、気をつけて。」

 

※深夜特急フリークなら、く〜って来るはず。

“バングラデシュ🇧🇩 ~行ってみました編~ “ダッカ国際空港”” への 7 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中