国際協力, 人生のセンタク

Who made my clothes? (24th APR)

(Japanese follows)

It’s been 5 years since…

It’s been five years since the Rana Plaza factory collapsed in Bangladesh, killing 1,138 people and injuring thousands more.

But people around the world are still suffering as a result of how fashion is made, sourced, and purchased. It’s more important than ever that find out #whomademyclothes and how our spending habits are affecting them.

We believe the more awareness we can bring to the stories behind our clothes, the more impact we can have across the fashion industry to raise standards for workers and for the environment.

Your curiosity, your voice, and your shopping habits are more powerful than you know. (cf: Fashion Revolution, 24/APR/2018)


2013年4月24日。

アジア最貧国とも言われる、バングラデシュ。

首都ダッカの近郊で、大事故が起きました。

“Rana Plaza 崩落事故”

ーー以下、引用ーー

「ダッカ近郊ビル崩落事故」

2013年4月24日。バングラデシュ首都のダッカ近郊で、8階建ての商業ビル「ラナ・プラザ」が崩壊した。死者1,138人、負傷者2,500人以上の大事故となった。

「ラナ・プラザ」には、縫製工場/銀行/商店などがテナントとして入っていた。

事故の直接的な原因としては、上層部に設置された4基の大型発電機の振動が数千台のミシンの振動と一緒になり、崩壊を誘発したことが考えられている。また、建物は正規の許可手続きなしに建築され、5階以上の3階部分は違法に建増しされていた。

バングラデシュ史上最悪の産業事故。グローバル展開する欧米や日本の大手衣料品ブランドが、同国の劣悪な労働環境や安価な労働力に依存して利益を上げている状況が浮き彫りとなり、論議を呼んでいる。事故後、被害者への補償の遅れなど、引き続き課題が残されている。

ーー以上ーー


Fashion Revolution

Rana Plazaの事故を受け、翌年の同日(2014年4月23日)より“Fashion Revolution Day”として、世界中で大きなムーブメントが起き始めました。

また、2016年4月23日より“Fashion Revolution Week”として、1日に限定せず1週間、様々なイベントが行われるようになりました。

日本でも、カンボジアでも。消費国でも、生産国でも。

世界中で、本当に沢山の人たちが行動を起こし始めています。ファッションを通して、世界が少しでも良くなるように…そんな思いが込められています。

どんなイベントが行われているか…どんなブランド/デザイナーが参加しているか…詳しくは、Official HPをご覧ください!!

Fashion Revolution Japan

https://www.fashionrevolution.org/asia/japan/

※今すぐ参加したい!!という方に、朗報があります!↓↓


Fashion Revolutionに、いますぐ参加するために

SNSでも、気軽にFashion Revolutionに参加できるんです!!

やり方は、簡単。↓↓

①洋服1着を選び、裏返す

②ブランドのタグを見つけ、写真を撮る

③「#whomademyclothes」と#付けし、SNSに投稿する

今すぐ出来ます!そして、その投稿を見たブランド側が、「返事」をくれるかも。

(2017年の記事ですが)

これもすごくステキな参加方法です。↓↓

いますぐ出来る。是非。

Fashion Revolution Week オススメの参加方法 3選

https://www.ethicalfashionjapan.com/2017/04/fashion-revolution-week_howtoparticipate/


いまこの瞬間も、Fashion Revolutionは続いている。

Fashion Revolution Week として世界中で大きなムーブメントが起きるのは、1年で4月の1週間だけ。

でも。

もちろんそれ以外の日でも。というか毎日。もちろん、この瞬間も。ファッション業界は目まぐるしいスピードで動いているし、洋服は世界各国で生産され消費され続けている。

Fashion Revolution Weekでの世界的ムーブメント期間だけに限らず。

常に。一着一着がもつストーリーに目を向けて、小さなムーブメントを起こし続けて欲しい。


追記: 人生の選択。私が選んだのは、ファッション。

まさか私がファッションの仕事をするなんて思わなかった。昔から私を知っている人からは、よく驚かれる。いやいや、実は自分が一番驚いてるんだってば。

私がファッションを選んだきっかけ。実は、”Rana Plaza 崩落事故”、なのです。

自分の人生の方向性として、“国際協力”という方向性は固まっていた。けど、“どうやって?”という部分で悩んでいた頃。

そのタイミングで、この事故が起きました。

Rana Plazaが崩落したニュースを始めて知った時(2013年4月24日)。その時、「きっと私、長い時間をかけてこの事故に絡むことになる。」って、直感を感じたんです。

自分の直感を信じて決断し、この業界に入り…なんやかんやで6年目を迎えます。

当時とは。ちょうど大学を卒業したばかりで、新卒入社したてでした。そして、当時の決断とは。。。「新卒で入社した会社を、3週間退職する」というモノ。

あの時の決断は我ながら最高にロックだったと思う。それ以降も、色んな方にご心配やご迷惑をお掛けし、自分にとっても悩みや失敗の連続(未だに)。

でも。確実に言えることは、「ひとつも後悔していない」ということ。むしろあのときのロックな決断があってこそ(!!)、だと思っている。そういった意味で、あの時の決断は、自分で自分に拍手喝采かな、と…笑

((いままで28年間生きてきた中で、「悩みすぎてリバースする」という経験は、唯一その時だけかも知れない。だって、そう決断するってことは、「完全にレールから外れる」ことを意味するから。だって、後戻りなんて出来ないんだから。))

これからも、不器用なりにも一生懸命(笑)、丸腰なりにも持てる力を十分に発揮し(笑)、自分の道を進んで行きたいと思います。


そんなこんなで、ですね。

3泊5日の弾丸で(2018, APR/29 – MAY/3)、

行ってきました。

バングラデシュ。

*合わせて、こちらの記事もご覧ください。

「Bangladesh, Rana Plaza跡に、行ってきました。」

 

“Who made my clothes? (24th APR)” への 5 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中