東アジア

上海ハニー

上海、初上陸!ででん!!

日本とカンボジアの直行便はありますが(プノンペン↔︎成田)、日本から一気にカンボジアに行くのもなんだか勿体無い気もして笑、なんやかやで、せっかくなら途中どこかで経由するフライトにしようと思い、ゆえ、by中国東方航空。

 

 

上海経由です。空港から出て、街中のホテルで一泊してきました。

 


噂には聞いておりましたが、英語が通じませぬ

到着ロビーに出て、まずは時計の設定。日本からマイナス一時間。これはとりあえずオーケー。

 

 

そして、今夜の宿に向かわねば。うーーーん。全く分からんぞ。英語も通じないし、どうしよっかなー。

 

 

と。

 

 

たまたまそこに居合わせた日本人のお兄さん(これはもう本当に全くもって奇跡的なタイミングで。しかも、上海のwi-fi使いこなしていていたのに、上海在住ではなく、次の日のフライトでドバイに行くとかなんとか。謎いな!笑)に、助けてもらい、なんとかホテルまでの道のりを理解。

 

 

「タクシーで行くのが一番良いですよ、タクシー乗り場まで行きますよ、このタクシーに乗って下さい!」と、そこまで教えて頂きました。

 

 

OMG!サンキュー!ジャパニーズナイスガイ!

 

 

タクシーのおっちゃんも、これまたじぇーんじぇん英語が通じないながらも、めちゃイラチになりながらも笑…

 


なんやかやでホテルに到着

ホテルのロビー、めちゃ混み。いや、混んでいるというのではなく、カオス。

 

 

めちゃ人がいて、こりゃめちゃ待つことになるぞと思ったけど(15人くらいがワチャワチャしていた)、受付したのは結局2組程で、すぐ私の番になった!笑

 

 

(中国系あるある。分かる人は分かるかなあ。とにかくワチャワチャ。カオス。用が済むとサッ。まるで台風一過。いや、台風一家。)

 

 

ホテルのロビーでも、英語が全然通じないので、とりあえずパスポート見せたら、オーケーと言われたので、ああオーケー(ホテル側)なのかオーケー(私側)となり、なんやかや上手いこと行って、部屋に到着。

 

 

ここまでドッタバタ。

 

 

うん。地球はこのように周っている。

 

 

そして、朝。


どローカルのご飯屋さんに行き、ぼったくられました笑

 

スクリーンショット 2018-02-06 22.56.32

 

でもまあ美味しかったし(これはほんまに美味しかった。ご飯とスープと鳥肉蒸したやつ。カオマンガイ的なやつ。名前は知らない笑)、お姉ちゃん優しかったし、おじちゃん面白かったし、まいっかー。ということで、上海の街に、若干の微々たる投資をしたと、思っています。

 

スクリーンショット 2018-02-06 22.56.48

 

ホテルからシャトルバスに乗るとき、乗ってからも、起こり得る事件はすべて起こり(マーフィーのなんちゃら)、これまた面白い旅路となりました。あんな感じでよく空港にありつけたわ笑


結論

「やっぱり、こーでなくちゃ。」

 

 

私は、日本人です。両親とも日本人、日本で生まれ、日本で育ち、日本で学び、日本で労働しておりました。でも、知っちゃったんです。もっと面白い世界があるということを。

 

 

それに、日本の素晴らしさって、本当に語りつくせないと思う。インフラは勿論、日本人の教育レベルとか、文化的観点の高さとか、もう本当に色々。


今回の一時帰国は特別だったのかも知れない

発展途上国に年単位で暮らすようになって初めての一時帰国だったから、なんだか特に、日本の素晴らしさを、ちょっと違った観点から、いや”外国人”として、体感できたのかも知れない。

 

 

でもでも。

私はまたカンボジアに戻る。それは「やっぱり、こーでなくちゃ。」と思うからなのかも。

 

 

毎日がサバイバル。いや、日常的に、サバイバル。

 

 

そりゃ、ベースが日本の私にとって、カンボジアでの生活は、実際問題妥協の毎日です。あれがナイとか、これが違うとか、なんやかや。

 

 

でも、それで、いい。

 

 

いや、それが、いい。


カンボジアが、好き

今回の一時帰国の間に、色んな方々に会って来ました。で。良く聴かれたのは、「なんでカンボジアなん?」「カンボジアの何が良いん?」という類の質問。

 

 

うーん。何回聴かれても、上手く答えられぬ。

 

 

お酒飲む人に、「なんでお酒飲むん?」っていう質問。子供好きな人に、「なんで子供好きなん?」っていう質問。したとして、ちゃんとした答えって、返ってこないと思う(多分)けど…それと一緒なんやと思う。

 

 

私は、カンボジアが好きなんです。I like Cambodia, that’s it.

 

 

私はまだ在住2年目のペーペーで、何も知らないから、のうのうとこんなことを言っていられるのかもしれない。まだまだ甘ちゃんで、コミット度が全然足りていないのかも知れない。かも知れないが多いかも知れない。

 

 

でもでも。現段階での、当方のカ国に対する見解と致しましては、上記の通りです。

 

 

もっともっとこの国にコミットして、この国のためになることをやりたい。

 

これまた自分自身への完全なる備忘録と化しておりますが、上海の空港で徒然。

 

 

((徒然したのを、プノンペンのカフェよりアップデート笑))